駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

社会人4年目にして10年ぶりに英検2級に挑戦してみた。(2)  

eiken

英検2級取得しました!

2次試験結果の詳細はこんな感じ。Webで簡単に確認できるとは、便利な時代になりましたねー。

kekka02

kekka03

Q&Aに若干のミスがありながらも、とりあえずは合格点といったところですかね。

英検対策(特に2次試験対策)は、英語でのコミュニケーション(基本)の良い勉強になるので、参考までに、試験の内容についてちょっと紹介してみたいと思います。

◆英検2次試験の構成

2次試験は以下の構成で実施されます。


1)イラストと英文があるカードを渡される。
2)1分、英文を間黙読する。
3)英文を音読する。
4)試験官から英文に関する質問を受ける。
5)イラスト部分について、英語で説明する。(準備時間1分)
6)試験官からカードのテーマに関する一般的な質問を2問受ける。
 6-1)○○についてどのように考えますか?
 6-2)○○について賛成ですか?反対ですか?また、その理由は?


※ちなみに、試験カードは下図のようなものです。

niji_card

5)のイラスト説明や、6)の一般質問は受験英語では使わない部分ですが、実際のコミュニケーションには必須の能力になります。

特に、6-1)6-2)の質問は意見を問う問題なので、自分の考えを英語でしゃべる良い練習になります。 外国人とコミュニケーションするときには、ほぼほぼ必要不可欠な能力です。コレだけを何年分か練習しても、良い勉強になります。


◆勉強方法について

今回、私が勉強した内容は問題集を1周した後、試験本番前につまずいた問題を2、3回復習するくらい。 1問辺り10分~15分程度で終わるので、トータルで2時間半くらいでした。

イラスト説明部分は初見だと難易度が上がるので、2、3問の問題を解いておくことで、かなり難易度は下がると思います。

※利用した問題集

mondaisyuu


社会人になると、何かと忙しく試験の予定を入れるなど強制的に時間をとらないと勉強できないものですよね。
英語検定は、英語の試験の中でも、かなり取り組みやすいものの一つなんじゃないかなと思います。

もちろんTOEICもありますが、英検は合否が明確に分かるので達成感が得られます。

興味をもたれた方は、一度英検のWebページを検索してみて下さいね。

私も引き続き準1級にチャレンジしてみたいと思います。


ということで、今回は以上です。

今回も最後まで付き合っていただき、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m


(2012年11月25日)




スポンサーサイト

category: 英語

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/87-bd5c4a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)