FC2ブログ

駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

考える力UPのため、東大生に親しまれてる外山滋比古の『思考の整理学』をまとめてみた。  

考える力UPのための『思考の整理学』まとめ

sikounoseirigaku    sikounoseirigaku_2

思考を整理する方法についてまとめられている良書です。「東大生に読まれてる」というキャッチコピーに惹かれて、思わず買ってしまいました。

◆グライダー型人間と飛行機型人間

「学校は、グライダー型の優等生を大量生産する。」という考え方に納得してしまいました。先生についていく生徒が「良い」とされ、自分で勝手な行動をとる学生は評価されない。先生について飛ぶ「グライダー型」の飛び方が上手くなるが、引っ張ってくれる人がいないと飛べない。

こうして「何か新しいことをするのだったら、学校がいちばん。学ぶには、まず教えてくれる人が必要だ。」という考え方が熟成されてしまうワケですね。

確かに、自分も何か新しいことをはじめるときには、学校や塾や講義を受けるのが一番の近道だと思ってしまうところがあり、納得してしまいました。 ゼロから考えようとせず、考えられたものを詰め込み効率を求める指向が強くなってしまうのは、学校教育の弊害とも考えられます。

グライダー型人間の多い日本ですが、コンピュータの台頭によって、社会ではグライダー型ではなく「エンジンを積んだ飛行機の型人間」の必要性が高くなっていると著者は言及しています。 ここで、エンジンを積んだ飛行機型人間の例として、昔の塾や道場、料亭などを挙げています。『昔の塾や道場は、頭だけで学ぶのではなく体で覚えた。秘術は秘すもの、盗むものだった。だからこそ、疑問を持ち、自分で考える能力が養われた。』

エンジンを積むためには、教えてもらう(受動)のではなく、自分の頭で考え盗む(能動)技術を身に付けることを意識するのが1つのポイントのようです。


◆アイデアを思いつく場所、考える時のポイント

アイデアを思い付きやすい場所として、(中国)欧陽修の「三上」(馬上、枕上、厠上)が紹介されています。ちなみに、枕上は朝起きた直後のことで、枕上から朝飯前の時間帯は胃に何も入っていないため、体力も気力も十分で思考に最適な時間だとか・・・。

現代で言うところの「三上」は次の通りですかね。これらの時間を多めに確保するのは、思考力UPの1つの方法といえそうです。
1)電車や車での移動中
2)朝起きた直後
3)トイレやお風呂

また、考える際のポイントとして、特に印象的だった3点について紹介します。

1)ノートを書くより話に集中する
大学の講義において一字一句ノートに書き写すよりも、ノートはメモ程度に留めておいて話に集中していた方が記憶に残り勉強になる。

2)考えが浮かんだらメモする
何か考えが浮かんだら、これを寝かせておかなくてはならない。見つめるなべは煮えないのである。ノートや手帳に書くことで忘れることができ、 現代の人間は忘れる技術を身に付けることが必要である。

3)知識は、倉庫型から工場型に!
人間は、知識の倉庫型から工場型に変わらなければならない。工場として最適な整理をすることが求められる。興味のあるものは忘れないし、生きた知識になる。


◆その他、面白いと思ったポイント

・セレンディピティとは、本来の目的とは別に思いがけない偶然からまったく別の発見が導かれることである。
・「ことばは静止しているのに、文章を読むと意味に流れが生じるのはなぜか。」慣性の法則である。ことばでも流れと動きを感じるのは、ある速度で読んでいるときに限る。文章における非連続の連続の謎を映画のフィルムの類似の現象に似ている。
・本を読んで頭に描く世界が観念の産物であることは誤解の余地がないが、テレビの映像となると第一次元的現実であるかのような錯覚が生まれる。しかし、テレビはあくまで、小説と同じ二次元的現実であることを忘れてはならない。二次元的現実に根を下ろしているうちは、一次元的現実で活躍しようとしても上手くいかない。

アイデアを出しやすい環境作りや思考力UP手法の勉強になります。一読の価値ありです!!

ということで、簡単ですが今回は以上です。

今回も、最後まで付き合ってくれた方、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m


(2012年08月24日)

 


スポンサーサイト

category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/73-b180d096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。