駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

集中しなくちゃいけない時の集中力回復方法についてまとめてみた。  

meisou


試験前の勉強や、締め切り前の仕事など、

『今日中にやらなくちゃ!』と思いながらも、なかなか集中できないことってありますよね(^^;)

・・・私は、良くあります。

ある程度自己管理ができる大人でも、集中力が持続するのは長くて90分程度だそうです。

今回は、そんな集中力が切れた時の集中力回復方法について、自分が実践していることやネットで見つけた方法についてまとめてみます。

テスト前や仕事の締め切り前など、もうひと頑張りしたいときの参考にして下さい!!


◆目を動かしてみる
【効果:(※キョロキョロしてるところ、他の人には余り見られたくないですね。)

eye

目の動きが脳に与える刺激というのがかなり大きいそうです。 脳に適度な刺激が与えられていることが、集中力が持続するコツ!壁の四隅を順番に見てみましょう。 『左上 ⇒ 左下 ⇒ 右下 ⇒ 右上』これを二回りします。 単なる目の体操という感じですが、脳のリフレッシュ効果があるんです。

目への刺激では、目薬を使うのも効果的な方法の一つです。


◆チョコレートを食べてみる(糖分をとる)
【効果:(※糖分とカロリーのとりすぎに注意しましょう。)

choco

人間の脳は、甘いものを食べたり飲んだりすることで少し回復するそうです。 チョコレートでもココアでも、色々と試して自分に合ったものを探してみてください。 私は集中力が切れてき疲れたなと思ったら、甘めの缶コーヒーを飲みます(^^)


◆ツボを押してみる
【効果:中】(※糖分とカロリーのとりすぎに注意しましょう。)

tubo

「ちょっと集中できないな」と思うときは、一休みして集中力を高めるツボを押し見てください。
ストレッチ・・・・ツボ押しの前に首や肩をまわしたり動かしたりしてストレッチします。
百会(ひゃくえ)・・・・あたまのてっぺん。ここを数回刺激します。
天柱(てんちゅう)・・・・首の付け根。ここを数回刺激します。
合谷(ごうこく)・・・・手の甲の親指と人さし指の骨が交わるところ。ここを数回刺激します。
丹田呼吸法を1回行う。


◆ちょっと散歩してみる
【効果:中】(※ウロウロし過ぎると不審に思われることも。)

sampo

頭が煮詰まっているときには、ちょっと机から離れて歩いてみましょう。 机でうんうん唸っているよりも、体を動かすことで脳の一部が活動し、脳全体の活性が上がります。 ちょっと外に出て新鮮な空気を吸ってみれば、尚、良しです!!


◆顔を洗ってみる
【効果:中】(※タオル、ハンカチを忘れずに。)

sengan

顔を洗うことでさっぱりリフレッシュ!! 冷たい水の刺激が、集中力の回復にはちょうど良いですね。 「顔を洗って来い!」と言われる前に自分から行くのがコツ( ̄▽ ̄)!


◆焦らないで、一度落ち着いてみる
【効果:中】(※落ち着きすぎるのも考え物ですが・・・。)

cafe

あれもこれもこなさないといけないのに時間がない!!と焦ると、余計に集中できなくなってしまうものです。 そんな時は一度落ち着いて、実現可能な直近の具体的な目標を立て、できるところから取り組みましょう。


◆お風呂に入ってみる
【効果:(※あまり入りすぎるとガス代と水道代がかさみます。)

tubo

家にいるときは、顔を洗うよりもいっそ気分転換にお風呂に入ってしまうのも効果大です! お湯につかることでリフレッシュ。勉強や仕事モードの頭が一回リセットされ、効率が上がることがよくあります。


◆ちょっと寝てしまう
【効果:(※寝過ぎてしまわないように注意が必要です。)

suimin

どうしても眠くてしょうがないときは、15分だけ仮眠を取るというのも方法の一つです。 運転している最中に急な眠気に襲われたら、迷わずコンビニに車を止めて仮眠をとるととても効果的です。 勉強や仕事でも、15分程度仮眠をとるだけで頭がスッキリして効率が上がります!


ということで、今回は集中力の回復方法についてまとめてみました。

よく人間は「頭」と「体」と「心」でできているといわれますが、集中力の回復には「体」に対して何かしらの刺激を与えることが効果的なようですね。

自分に適した集中力回復方法を見つけ出して、充実した時間を作っていきましょう!!

今回も、最後まで付き合ってくれた方、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m

(2012年05月02日)

 


スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/51-917a9f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)