駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

VBS「超」入門  

今回はVBSについて書いていきます。

最近、業務で使いはじめたVBS(Visual Basic Script)。とても便利なのでちょっとだけ紹介します。

例えば、会議室の予約確認やデータのダウンロードなど、日常業務には決まりきった作業がつきものですよね。
こんな時、VBSを組んでおくことで作業を完全に自動化できちゃいます。

しかも、
・ソフトのインストールやセットアップが不要で、
・Windowsが入っていればできます(基本的に)
誰でも3分で出来るようになります。


早速、実際につくってみましょう。


例)インターネットエクスプローラー(IE)を開いて検索欄に文字列を入力し、ボタンをクリックするスクリプト。

手順1)新規テキストドキュメントを作成します。メモ帳でOK。

手順2)下記のスクリプトをコピペします。
'(ココから)
'変数など明示的に表現することを宣言します。
Option Explicit
'変数を宣言します。
Dim objIE
'IEオブジェクトを作成します
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
objIE.Navigate "http://www.google.co.jp/"
'IEの画面を表示するように設定します。
objIE.Visible = True
'1秒待ちます
WScript.sleep 1000
' 検索キーワードを入力
objIE.Document.getElementById("q").Value = "駆け出しエンジニアの気ままにブログ"
'2秒待ちます
WScript.sleep 2000
' 検索ボタンクリック
objIE.Document.all("btnG").Click
'5秒待ちます
WScript.sleep 10000
'インターネットエクスプローラを終了します
objIE.Quit
'オブジェクトを破棄します
Set objIE = Nothing

'(ココまで)

手順3)上書き保存した後、ファイル名を"test.vbs"とします。拡張子を”.vbs”にすればOKです。

手順4)作成したファイルのアイコンをダブルクリックして起動してみてください。
※再編集する場合は、”プログラムから開く”を選択してメモ帳などで編集します。


どうでしょう?動きましたか?
動くようであれば、URLの部分や検索文字列の部分などを変更すれば自動的にWebページを開くスクリプトの完成です。

本当に簡単にできるので、まずは一度やってみてくださいね。^^

今後は、自分でつくった簡単なVBSをちょくちょく紹介していきます。

つくりたいプログラムなどありましたら、コメントください。
できそうなものがあれば、がしがしチャレンジしていきます!!

(2011年11月21日)

(参考)
・WSHを始めよう―@IT
・VBScript/JScriptプログラミング&Tips for WSH - cafe de VBS

最速攻略 VBScriptサンプル大全集最速攻略 VBScriptサンプル大全集
(2006/03/28)
結城 圭介

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: VBS

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/5-956ebeee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。