FC2ブログ

駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【本まとめ】「小論文トレーニング(樋口裕一 著)」のポイントまとめ。  

「説得力のある主張」、「鋭い意見」を出すアプローチのヒントが小論文にあるのではないかと思い、本書を手に取りました。

本書のなかに「小論文とはある命題を立て、それに対してイエスかノーかを答えるもの」とありますが、命題の選定や、イエス・ノーを導く構成、アイデアの発想方法については、小論文以外にも活用できるはずです。

ということで、今回は、本書の中で特に勉強になったたなーと思う4つのポイントについて、以下まとめます。


1)命題とは・・・

命題というのは、いろいろ書くことがある中で、論点を一つに定める役割を果たすもの。命題は、以下の三原則に従い選定する。

<命題の三原則>
・普遍性、社会性を備えている
・イエス・ノー両方の立場から論じられる
・自分の知識力の範囲で答えられる


2)対立軸を意識する・・・

現実を動かしている思想や理念、社会的構造に鋭く迫ってこそ「いい小論文」といえる。主張の根底には、「対立軸」があることを意識し、対立軸が何かを意識しながら考察する。

「時事・一般常識」(個々のイモ)=>「因果・背景知識」(イモを繋げるツル)=>「対立軸の知識」(ツルの先にある双子イモ)


3)小論文の構成・・・

小論文は、理詰めで相手を説得するもの。「理詰め」とは、言い換えると「感情で判断しない」ということ。
説得力のある主張のポイントは、「論点を一つに絞って深めること」「反対意見を想定すること」

<四部構成法>
    
問題提起「・・・だろうか」
意見提示「たしかに・・・。しかし・・・」
展開「なぜなら、・・・」「そもそもXXとは、・・・」「その背景には、・・・」
結論「以上より、・・・」「したがって、・・・」

要約の練習をするときは、まず課題文の構成メモを作成してから考えると、すっきりまとまる。基本的には、「問題提起」を省き、「意見提示」の「しかし・・・」からあとの「骨格」を使って要約文を組み立てていけば良い。
展開部では「根拠・対策」を書く。説得力のある展開部を書くには、文と文との関係を明確に意識することが大切。


4)アイデアの発想・・・

「いい小論文」を書くには、なにより「反論力」が必要。そもそも、何かを発言したり書いたりするのは、「何ものかにノーを言うこと」と理解する。(主張を理解するには、「何にノーを言っているのか?」と考える)
「いじめ」がテーマなら、まず「いじめ」とは何かという定義を示し、考察の対象を限定する。さらに、「いじめ」の現状(現象)を報告し、なぜ、いじめが起こるのか(原因・社会的背景)、いつから「いじめ」が社会的問題となったか(歴史的経緯)、外国ではどうか(地理的状況)、「いじめ」が社会におよぼす影響(結果)などと考察を進めていく。
いいアイデアが浮かばないときは、自分を一旦捨てて「別の人物になりきって考える」という方法をとると良い。

ということで、今回は簡単ですが以上です。


スポンサーサイト

category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/146-071a4411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。