駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【まとめ】Amazon Echo vs Google Home についてまとめてみる。  

Fig_GoogleHomeVSAmazonEcho

今回は、Amazon Echo と Google Home についてまとめていきます。

日本ではまだ発売されていませんが、Voice control Device として、海外では広く普及しているデバイスです。

音楽を聞くことはもちろん、ニュースや天気、簡単なQAを聞いたり、アラームやタイマーの利用、さらにはWiFiでつながったライトやスイッチの制御をしたりUBER経由で配車手配、ピザの注文まで、できることは盛りだくさん。
また、Amazo Echoでは、Amazoの商品が注文できたり、Google Homeでは、Chromecastとの連携ができたりします。


Amazon Echoでできること

まずは、紹介動画。



Echo は、すでに数百万台以上を販売しており、skill(※)も10,000以上とたくさんあります。
※ スマホでいうアプリのようにSkillをインストールすることで機能が増えていきます。

ロボスタさんの記事にスキル数についての情報がまとめられており、トップ3は以下の通りとのこと。

 ・Game, Trivia & Accessories
 ・Education & Reference
 ・News

この3カテゴリで半分以上を占めています。基本の使い方に加え、ちょっとした質問やゲーム利用といった感じですね。


Google Homeでできること

こちらも、まずは紹介動画。



Google I/O では、以下4つの機能が紹介されていました。

 ・Enjoy your music
 ・Get answers from Google
 ・Manage everyday tasks
 ・Control devices home

Googleのサービスとの連携が主体になりそうですが、音声で「Manage everyday tasks」がどこまでできるのか?は、興味深いポイントです。

Google Home は、Amazon Echo より後発ですが、Googke Assistant 連携をはじめ、既存のGoogle Serviceとの強力な連携が魅力的ですね。

どちらのデバイスも100ドルを切る価格帯で購入でき(会員になるともらえるとか)、お手軽感もかなり高い。
日本での発売も待ち遠しいですが、Voice Controlはまだまだ始まったばかりの技術のため、今後が楽しみですね。

初音ミクとのコラボ版とかできたら、面白そうだなー。

ということで、簡単ですが今回は以上です。


スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/144-155411b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。