FC2ブログ

駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ISSUE DRIVEN」を読んで気付いた5つのポイント  

issue_driven01

「圧倒的に生産性の高い人」に共通していることは、「ひとつのことをやるスピードが10倍も20倍も速いわけではない」ということ。
限られた時間の中で、いかに本当のバリューあるアウトプットを効率的に生み出すか。
価値の高いイシューを絞り込み、質の高い解を出すことだ。


2011年BBM(ビジネスブックマラソン)大賞を受賞し、ビジネス書の中でも特に良書と評価が高い本書の中から「なるほど!」と気付きを得たポイント5つをまとめていきます。

ワークフローを改善し、より生産性の高い人を目指していきましょう。


1.バリューのある仕事

issue_driven02

・イシュー度:その課題に答える必要性の高さ
・解の質:イシューに対する答えの明確さ

限られた時間の中で、効率的に質の高いアウトプットを出すためには、イシュー度の低い課題には取り組まず、イシュー度の高い課題にしぼること。 また、選んだイシューには、しっかりと質の高い解を出すことが大切ということです。


2.良いイシューの3条件

1)本質的な選択肢である
カギとなる質問であり、答えを出すことで検討方向に大きな影響を与えるものであること。
2)深い仮説がある
「ここまでスタンスを取るのか!?」というところまで一気に踏み込むこと。
(常識の否定、新しい構造の提言など。)
3)答えを出せる
自分の置かれている立場、能力で答えを出すことができること。


3.イシューからはじめるアプローチ

issue_driven03

・質の高い、イシューを見極める。イシュー度の小さいものに対して取り組んでいては、生産性も能力も上がらない。
・イシューをサブイシューに分解し、ストーリーラインを組み立てる。サブイシューを洗い出す際には、「何が分かればこの意思決定ができるか」という視点で考える。
・ストーリーラインにチャートのを加えた絵コンテをつくる。具体的なデータのイメージをビジュアルとして組み合わせる。軸の整理、イメージの具体化、方法の明示がポイント。
・分析を進める
・「伝えるもの」をまとめる。「最終的に伝えるべきメッセージ」をつくる際には、自分ならどういう分析結果があれば納得するか、そして相手を納得させられるか、を考える。


4.イシュー検討の材料をざっくり得る3つのポイント

1)一次情報に触れる
2)基本情報をスキャンする
3)情報は集めすぎない
※変数を削る、視覚化する、最終形から考える、So what?を繰り返す、極端な例を考えてみるとよい。


5.アウトプットを生み出す際の2つのトラブルへの対処

1)ほしい数字や証明が出ない
・構造かして推定する
・足で稼ぐ
・複数アプローチから推定する
2)自分の知識や技能では埒が明かない
・有識者に聞く
・別のアプローチを考える
※重要なのは「固執しない」こと。難しければ簡単なアプローチを見つければ良い。いくつものアプローチを想定できるチカラが大切だ。


本書での気付きを基に、ワークフローを見直し、より自身の生産性を高くできるよう頑張っていきたいものです。


ということで、今回は簡単ですが以上です。


今回も、最後まで付き合ってくれた方、ありがとうございました。m(_ _)m


(2014年1月12日)





スポンサーサイト

category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kazufumi1984engineer.blog.fc2.com/tb.php/105-c38d4c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。