駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

『EclipseでJavaの入出力を理解する』ための要点を忘れないようにまとめておく  

『EclipseでJavaの入出力を理解する』要点まとめ

programmingimage

前回に引き続き、開発環境としてEclipse(Indigo Service Release 2)を使ったJavaプログラムの書き方として、基本操作であるJavaの入出力制御について、備忘録、コピペ用としてまとめます。

対話システムを実現するためには必要不可欠な処理ですね。 やりたいことは、次のように「(コンソール画面で)ユーザーが入力した内容をコンピュータで受け取り、出力すること」です。 C言語でいうところの、"scanf()"、"prinft()"の処理にあたります。

 コンピュータ:あなたの名前を教えてください。
 <ユーザー入力>:○○
 コンピュータ:○○さん、こんにちは。

さっそく回答ですが、プログラムは以下の通りになります。

//SampleIO.java
package jp.javadrive;

import java.io.BufferedReader;
import java.io.InputStreamReader;

public class SampleIO {
   public static void main(String[] args) throws java.lang.Exception {
      BufferedReader in = new BufferedReader(
                          new InputStreamReader(System.in));
      System.out.println("コンピュータ:あなたの名前を教えてください。");
      System.out.print("<ユーザー入力>:");
      String name = in.readLine();
      in.close();
      System.out.println("コンピュータ:"+name +"さん、こんちには。");
   }
}


◆標準入出力(IO)関数

「java.io.BufferedReader」,「java.io.InputStreamReader」の2つのクラスをインポートします。

java.io.BufferedReaderのインスタンスを生成するためには、次のようにコーディングします。 java.lang.SystemクラスはSystemと省略できる点に注意してください。

java.io.BufferedReader in =
   new java.io.BufferedReader(
   new java.io.InputStreamReader(System.in));

java.io.InputStreamReaderクラスは、文字列データが流れている入力ストリームを使用するときに使い、この文字列データストリームをバッファリングする機能を追加したい場合に、java.io.BufferedReaderクラスを使います。 このように書くことで、キーボードからの入力を受け付けることができるようになります。 また、入力されるユーザーの名前を読み込むためには、readLineメソッドを使ってコーディングします。ここで、inはjava.io.BufferedReader型の変数だとします。

String line = in.readLine();
in.close();


◆ストリームについて

APIリファレンスによると、「標準エラー出力」ストリーム、「標準入力」ストリームのように、ストリームという用語が出てきています。 ストリームは「川の流れ、液体・気体などの一定の流れ」という意味で、入出力されるデータは「川の流れ」のように流れていくので、この用語が使われています。


◆書式付きの入出力について

同じプログラムを書式付きの入出力を使った別の方法でも実装できます。こちらの方が、C言語に近いですね。 入力データの読み込みについては標準入力ストリームとjava.util.Scannerクラスを使い、データの出力には、標準出力ストリームとjava.io.PrintStreamクラスのprintfメソッドを使います。

//SampleIO2.java
import java.util.Scanner;

public class SampleIO2 {
   public static void main(String[] args) throws java.lang.Exception {
      Scanner str = new Scanner(System.in);
      System.out.println("コンピュータ:あなたの名前を教えてください。");
      System.out.print("<ユーザー入力>:");
      String name = str.next();
      str.close();
      System.out.printf("コンピュータ:%sさん、こんにちは。", name);
   }
}


ということで、今回は以上です。Javaで活用できる入出力のioクラスの基本は抑えておきましょう。

次回は、入力データをファイルに格納したり、ファイルに格納されているデータを使って出力文章をなどの「ファイルへの入出力」を近いうちにまとめていきたいと思います。

今回も、最後まで付き合ってくれた方、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m

<参考>
@IT:EclipseでJavaの入出力を理解する

(2012年09月09日)

 


スポンサーサイト

category: Java

tb: 0   cm: 0

ビジネスでよく使う、超基本的な英語表現10選  


business

今回は、英語で仕事をするときにメールや電話でよく使ってる表現をまとめます。
基本的な表現ですが、使い慣れていないとコレがなかなか出てこない・・・。。

いつでもパッと出てくるように、頭の中に入れておきたい表現たちです。

1)Would you ~ ?
「~してくれませんか?」
率直にお願いをする際に使うわりとフランクな表現、「Could you〜?」のがより丁寧です。

例)Would you explain the picture?


2)I would like to ~.
「~したいです。」
「(私が)〜したい!」という意図を丁寧に伝えるときに使えます。

例)I would like to confirm the agenda.


3)I would appreciate it if you ~ / I wonder if ~
「~していただけると幸いです。」
相手にお願いをするときに使います。「Would you〜?」より丁寧な表現です。

例)I would appreciate it if you could have a conference with us next week.
例)I wonder if you could prepare the documentation.


4)Following, the below, the above
「次の」、「下記」、「上記」などを表す言葉です。メールなどでよく使います。

例)Please check the followings.
  1.・・・
  2.・・・

例)Please check the below (above).


5)Then, Therefore, By the way, Anyway, However, Besides
「では」、「そのため」、「ところで」、「とにかく」、「しかしながら」、「また」
文頭につけて、接続詞的によく使う単語たちです。

例)Then, we have to discuss the matter.
例)Therefore, we need the report.
例)By the way, could you come to our office?
例)Anyway, we checked the list and provide our feedback.
例)However, would you try it by the end of next week?
例)Besides, we should try to check the matters.


6)Hopefully, Currently
「願わくば、現状では」

例)Hopefully, could you report the current status?


7)in future, in advance
「これから」、「前もって」

例)I would appreciate if you could share the report in advance.


8)May I ask ~? / How do you think about ~?
「〜を教えてください」、「〜についてどう思いますか」
質問するときによく使う文ですね。

例)May I ask some questions?
例)How do you think about that?


9)Well, how I can say.
「えー、なんて言ったらいいか」
言葉に詰まったときに、とりあえず言う表現です。無言になってしまうよりベター。


10)You are more than welcome.
「どういたしまして」
「welcome」をより丁寧にした表現です。


ということで、今回はビジネスで使う超基本的な英語表現をまとめてみました。

分からないものはなかったと思いますが、会議になると意外と出てこなくてパニックになるものです。
この機会に会議でしゃべる自分をイメージしながら、サラッと一通り確認しておけば完璧です!

今後も、頻出する表現や使い回せるものが溜まってきたら、またエントリーにしたいと思います。

今回も、最後まで付き合ってくれた方、本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m


(2012年09月06日)

 


category: 英語

tb: 0   cm: 0