駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

工事担任者(AI・DD総合種)試験前最終確認で10点アップ!!~最頻テーマ15まとめ~  

工事担任者の資格対策として試験に最頻出のテーマをまとめていきます。

nw_1

『このページと過去問演習(※参考)だけで合格できる!!』と言われるようなページを目指します。
タイトルはDD・AI総合種としていますが、DD一種対策もカバーできると思います。


このページを
・試験前や試験の休憩時間のちょっとした確認
・通勤、通学途中のすき間時間の有効活用
・試験の復習や、試験用に覚えた単語の備忘録
などにご利用いただければ幸いです。


今回は、「端末設備の接続のための技術」分野の 最頻出15テーマをまとめていきます。

頻出のテーマですので、ココを押さえておくだけで10点UPは期待できます!!

テスト前に復習するのはもちろんですが、日頃から確認して頭に入れておきましょう。


相変わらず間違っているところや、少しおかしなところもあると思いますが・・・(^^;)
少しずつ修正していきますので容赦ください。。

※尚、当ページのまとめは自己責任の範囲内でご活用ください。


1)ISDNのBRI,PRIで使用するDSU

・(BRIのDSU)NT1に相当、伝送路終端およびレイヤ1の機能(※)を有する。
※レイヤ1の機能とは、物理的、電気的接続。レイヤ1の多重化、同期、給電など。


2)ADSLの接続シーケンス

・PPPoE Discovery→PPPoE PPPSession→LCPパケット→CHAP/PAP→ICPCパケット の順で接続する。

pppoe


3)専用型ADSLサービスの利用

・電話と共に用いた場合、ADSL専用サービスの場合の機器の構成、モデム、ルーター、スプリッタ、IP電話機、接続ケーブルの種類などの機器類について理解していること。
・RJ-11ピンは、3,4番が使われるのがポイント。

adsl


4)IP電話のプロトコル

・リアルタイム性が必要となるIP電話に利用される具体的なプロトコルを理解していること。
・SIPはTCP/IP上で通信を行う。H.323より軽量。VoIPではRTP,RTCPを用いる。

protocol


5)ISDNの参照構成

・TE,TA,NTのそれぞれの役割と具体的な機器名称、参照点での機能分解について理解していること。
・TE2(V,Xシリーズ)―R点―TA or TE1(Iシリーズ)―S点―NT2(交換,集線,LAN)―T点―NT1―網

isdn


6)BRI,PRIのフレーム構成

・チェックビットや、フレーム長、TEI、SAPI、伝送速度など、フレームの基本について理解していること。
・BRI:1フレーム48ビット、192kbit/s
・PRI:1フレーム193ビット、1544kbit/s

7)IPv6アドレス

・IPvアドレスのビット長や、アドレス構成と役割、種類、省略方式について理解していること。
・128ビット(16×8)のアドレス長、ユニキャスト、マルチキャスト、エニーキャストがある。
・『01a0:0000:0000:0000:0000:0000:0000:0001』は『1a0::1』に短縮可能。

ipv6


8)ATMセルのヘッダ構成

・ヘッダ5byte、ペイロード48byte、ヘッダにはGFC,VPI,VCI,PT,CLP,HECの情報が含まれる。

atm


9)ATMインタフェース、ATM網の特徴

・広域ISDNの技術、ユーザインタフェースで156Mbit/s、網インタフェースで622Mbit/s、コネクション型

atm2


10)スイッチングハブの転送方式

・ストアアンドフォワード(フレーム変換可能)、カットアンドスルー(宛先アドレスまで)、フラグメントフリー(64byte)

11)ISO8877モジュラジャック

・RJ11ピン、RJ45ピンと各ピンで利用する線の対や方法について理解していること。
・1,2番(給電)、3,6番(送信)、4,5番(受信)。ファントムモードでは、3,4,5,6番で給電も行う。

rj


12)平衡配線の水平リンク長公式,幹線リンク長公式

・JIS X 5150 構内情報配線システムのリンク長公式は水平線、幹線ともに長頻出の分野です。
・かなりの頻度でテストに出るので、テスト前に次表は要復習です!!

suihei

kansen


13)平衡配線の性能特性

①JIS X5150:2004「構内情報配線システム」の概要
・CD構内配線基盤、BDビル内配線基盤、FDフロア配線基盤、CP分技点、TO通信アウトレット
②設備設計にあたっての主な留意点
複数通信アウトレット(MUTO)を使用する場合は、
・開放型のワークエリアにおいて、各ワークエリアグループに少なくとも1つは割り当てなければならない
・最大で12のワークエリアに対応するように制限されることが望ましい
分岐点(CP)は、
・分岐点は、各ワークエリアのグループに1つ以上切歯しなければならない。
・平衡配線用では、分岐点はフロア配線盤から15m以上離して設置しなければならない
③平行配線の性能
・平衡配線の性能は、チャンネル、パーマネントリンク、CPリンクについて規定
・チャンネル、パーマネントリンク、CPリンクはクラスD(最大周波数:100MHz)以上の性能を提供
④平行ケーブル配線
○水平配線(インターコネクトTOモデル)
・水平配線チャンネルの物理長は100mを超えてはいけない
・水平配線ケーブルの物理長は90mを超えてはいけない
・機器コード・ワークエリアコードの合計が10mをこえる場合は水平配線ケーブルの許容物理長を減らさなければならない
・分岐点はフロア配線盤から15m以上離れた位置におかなければならない
・複数通信アウトレットを使用する場合はワークエリアコードの長さは20mを超えないのが望ましい
・パッチジャンパの長さは5mを超えないのが望ましい
○幹線配線
・幹線配線の物理長は100mを超えてはならない
・チャンネル内に4つの接続点がある場合、幹線ケーブル長は15m以上とすることが望ましい
○配線施工における主な留意事項
・ケーブル施工後の最小曲げ半径は、直径6mmまでの4対ケーブルでは25mm、直径6mm以上では50mmとする
⑤光ファイバ配線
・ケーブルの終端部は単心コネクタの使用を推奨、また利用者側では2心コネクタの使用が推奨されている。
⑥チャンネルおよびパーマネントリンクの性能試験
○銅配線の性能検査項目
○光ファイバの性能検査項目
・光減衰量、マルチモード帯域幅、伝搬遅延、長さ、極性の保持および継続
⑦3dB/4dBルール
挿入損失の測定結果が非常に小さい場合、その周波数における漏話特性と反射減衰量については測定結果によらず試験結果を合格とすることが出来る。
○挿入損失の値が小さければデータの送受信を行う上で十分なSN比を確保することが可能である。このため、挿入損失の測定結果が規定値以下となる周波数範囲においては、近端漏話減衰量(NEXT)、及び反射減衰量(RL:ReturnLoss)に関する特性について、その周波数範囲の部分で試験結果が不合格となっても合格と見なすことが出来る。
○3dB/4dBルールの適用は、配線長が10メートル程度と100メートル程度では、より短い配線路長の方が、広い周波数範囲となる。
○挿入損失の測定結果が3dB以下となる周波数範囲においては、反射減衰量に関する特性について、その周波数範囲の部分で試験結果が不合格になっても合格と見なすことが出来る。
○挿入損失の測定結果が4dB以下となる周波数範囲においては、近端漏話減衰量に関する特性について、その周波数範囲の部分で試験結果が不合格になっても合格と見なすことが出来る。
○TIA/EIA-568B規格による性能試験においては、TIA/EIA-568Bでは、JIS規格にある平衡配線の近端漏話減衰量に関する4dBルールが規定されていないため、合否判定は規定値どおりに行う。


14)ネットワーク管理コマンド

・ping,tracert,ipconfigなど、基本的なコマンドについて理解していること。

コマンド名称 内容
 arp  ネットワーク内のIPアドレス物理アドレスの対応を追加・削除・表示する
 ipconfig  IPアドレスの情報を表示する
 netstat  ネットワークの接続に関する情報を表示するc
 nslookup  ネームサーバからDNSの情報を取得、表示する
 ping  指定先との接続状態を確認する
 tracert  指定先とのネットワーク経路を調べる



15)アローダイアグラム

・PERT図とも呼ばれる。クリティカルパスについての計算ができるようになっていること。 ・最早結合点日程→最遅結合点日程→余裕時間 の順に計算する。

arrow



以上です。

ちゃんと覚えられていましたでしょうか??

今回扱ったテーマは、どれも試験に超頻出のテーマばかりですので、試験前には理解しておけば10点はアップ間違えなしです!!

もし、まだカバーできていないところがあれば、このブログにある知識だけでも頭に入れて試験に臨んでください☆


・・・・ということで、今回は「端末設備の接続のための技術」分野の最頻15テーマまとめでした。

次回以降は、法規分野についてもまとめていきたいと思います。。

法規も受験されるという方々は、引き続きお付き合いください m(_ _)m


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2012年もよろしくお願いいたします!!

<参考>
・工事担任者過去問・回答(日本データ通信協会HP)
・工事担任者合格への道:工事担任者資格取得を目指す人のためのホームページです。
◆工担(AI・DD総合)用語まとめのリンク◆
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その①~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その②~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その③~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その④~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その⑤~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その⑥~

(2012年01年01日)

 


スポンサーサイト

category: 資格対策(工担)

tb: 0   cm: 0

工事担任者(AI・DD総合種)単語集、用語まとめ~その⑥~  

工事担任者の資格対策として用語をまとめていきます。

koutan

『このページと過去問演習(※参考)だけで合格できる!!』と言われるようなページを目指します。
タイトルはDD・AI総合種としていますが、DD一種対策もカバーできると思います。


このページを
・試験前や試験の休憩時間のちょっとした確認
・通勤、通学途中のすき間時間の有効活用
・試験の復習や、試験用に覚えた単語の備忘録
などにご利用いただければ幸いです。


今回は、「端末設備の接続のための技術」の分野から、 「接続工事の技術」をまとめていきます。

接続工事の技術では細かな数字が出てくるので、備忘録として使っていただければと思います。

テスト前は簡単に復習して、暗記しておきたいところです。


相変わらず間違っているところや、少しおかしなところもあると思いますが・・・(^^;)
少しずつ修正していきますので容赦ください。。

※尚、当ページのまとめは自己責任の範囲内でご活用ください。

【接続工事の技術】
単語 説明
独立同期 各局に精度の高い発信機を設定して同期をとる方式。
従属同期 特定の交換機を主局とし、主局が他の局にクロックを供給して同期をとる。
相互同期 各局の発信機の相互作用により、局相互間でクロックを同期させる。
フレーム位相同期 各ハイウェイのフレーム位置を合わせる同期方法。
ビット位相同期 パルスの時間位置を合わせる同期方法(≒クロック同期)。
PVC屋内線 電子式ボタン電話装置の主装置とボタン電話気機間の室内配線に利用される電線。一般に漏話雑音、誘導雑音等に優れた対形屋内線が用いられる。PVCとは、塩化ビニルのこと。
通信用フラットケーブル 電子式ボタン電話装置の主装置とボタン電話機間の室内配線に利用(屋内船と同様)。ラミネールアルミテープの外被採用などによりフラットな構造。
屋内専用コネクタ ジャンクションボックス内及びフロアボックス内で屋内線相互の接続に使用する。
フロアクリップ アンダーカーペット配線方式において、ケーブルをカーペットの床面から立ち上げる場合に、床面との固定に用いる。
ケーブルパス アンダーカーペット配線方式において、ケーブルをカーペットから立ち上げる際に、保護するのに用いる。
フラットプロテクタ フラットフロアケーブルを床面に配線する際に、ケーブルを防護するために用いる。
フロアダクト ケーブルをスラブ等の中に埋め込まれたダクトに収容して敷設する。電線引出孔から取り出して配線する。
スラブ マンションの床を支える板状のコンクリートのこと。床版ともいう。
フリーレット フロアアウトレットから屋内線等を床面配線する場合にフロアアウトレット部分に取り付ける。
ブッシング フロアボックスの引出口の配管の先端に取り付け、ケーブル引出による損傷を防止する。
メタリック平ケーブルの漏話対策 同軸ケーブル:周波数が高くなるほど、近接効果により隣接ケーブルへの漏話電流が提言。
平衡対ケーブル:周波数が高くなるほど、静電容量の不均衡により伝送損失が大きくなるため、心線を拠り合わせる構造をとる。4心では星型カッド構造。メタリック平衡対ケーブルの絶縁体にはポリエチレンを用いる。
デジタルテスタ 液晶パネルに数字を表示するタイプのテスタ。読み取り誤差がないというメリットがある。また、テスタ自身の確度もアナログテスタに比べてよい。
ボタン電話装置の工事試験 外線発着信試験、外線共通保留の試験などの基本機能試験と、アッドオン機能試験などの付加サービス機能試験に大別することができる。
外線発着信試験 1)ボタン電話機をオフフックし、空き外線のボタンを押す。
2)ボタン電話装置に収容荒れている他の外線をダイヤルする。
3)他のボタン電話機で応答の操作する。
4)発着いずれかでオンフックする。
5)双方ともオンフックする。
外線共通保留の試験 1)ボタン電話機をオフフックし、空き外線のボタンを押す。
2)同外線について保留操作をする。
3)他のボタン電話機で保留中の外線ボタンを押す。
4)オンフックする。
アッドオン機能試験 1)Aボタン電話機からBボタン電話機を呼び出し、通話する。
2)Aで保留操作をする。
3)AからCボタン電話機の番号をダイヤルする。
4)Cがオフフックする。
5)Aがフッキングする。 ※3者通話ができる。
PBXの工事試験 内線発着信試験(呼出音の停止等)、ロックアウト試験、保留・再応答・転送の試験、自己保留の試験などがある。
ISDNで仕様するケーブル BRI:T点では4線式メタリック平衡ケーブル、NT―交換局は2線式メタリック平衡ケーブル
PRI:T点では4線式メタリック平衡ケーブル、NT―交換局は光ファイバケーブルまたは同軸ケーブル
BRIのバス配線 延長受動バス配線:500mまで延長可能
短距離受動バス配線:100~200m程度
いずれも、1本以上の加入者線に最大8台までの端末を接続できる。バスへの接続は、8ピンのプラグジャックを使用する。
光ファイバの接続方法 永久接続法として、融着法と接続法がある。その他としては、コネクタ接続法がある。
融着法 光ファイバ間をアーク放電等で発熱させ、溶解して接続する。熱吸収チューブで補強する。
接着法 専用工具を用い、光ファイバ端面の軸合わせを行い、接着剤によって接続部を固定する。メカニカルプライス法がある。
コネクタ接続法 光ファイバ間を光コネクタで機械的に接続する方法であり、固定する部品はフェルールと呼ばれる。着脱が簡単。
JIS X 5150 構内情報配線システム 配線と各配線要素の性能要件について定められているJIS規格。
JIS規格における構内情報配線システムとは、構内幹線配線サブシステム、ビル内幹線配線サブシステム、水平配線サブシステムの3つの配線サブシステムから構成される。(ユーザー側のワークエリア配線は構内情報配線システムの一部には含まれない。)
水平配線の一般制限事項 チャネル最大長は100m、水平配線ケーブルの物理長は90mを超えないこと。
分岐点は、配線版から15m以上話離す。
複数利用アウトレット(MUMO)使用時、ワークエリアコードは20m以内。
パッチコード、ジャンパは5m以内。
幹線配線の一般制限事項 チャネルの物理長は100m以内。
チャネル内で4つ以上の接続点があるときは、ケーブルの物理長を15m以上とする。
光ファイバの接続方法 通信アウトレットおよび配線パネルの配線側の光水平ケーブル、および光幹線ケーブルの終端部には単身コネクタ、ワークエリア側およびパッチ側では2心コネクタを用いる。
RJ-45のピン配列 T568A 4-5(ペア1), 3-6(ペア2), 1-2(ペア3), 7-8(ペア4)
T568B 5-6(ペア1), 1-2(ペア2), 3-6(ペア3), 7-8(ペア4)
ケーブル端の許容拠り戻し長 カテゴリ5:13mm以下
カテゴリ6:6mm以下
カテゴリ7:3mm以下
ケーブルの許容曲げ半径 平衡ケーブル(6mm以下):(施設後)25mm
平衡ケーブル(6mm以上):(施設後)50mm
光ファイバケーブル:(作業時)外径の20倍以上、(施設後)外径の10倍以上
幹線リンク長公式 5(C):B=170-FX (D)105-FX
6(C):B=185-FX (D)111-FX (E)105-4-FX
7(C):B=190-FX (D)115-FX (E)107-3-FX
水平配線リンク長公式
カテゴリ5クラスD 、カテゴリ6クラスE
インタコネクト―TO:H=109-FX、107-3-FX
インタコネクト―CP―TO:H=107-FX-CY、106-4-FX-CY
クロスコネクト―TO:H=107-FX、106-4-FX
クロスコネクト―CP―TO:H=105-FX-CY、105-3-FX-CY
NW設計管理術
1)論理設計
2)物理設計
1)NWモデルの作成、トポロジの決定、通信方式の決定、番号計画、アドレス体系の決定、インタフェース確認、課金方式の決定
2)伝送媒体の選択、ノードの選択、設置場所の決定
ネットワーク工程管理技術 工程管理曲線、ガントチャート、アローダイアグラム、
TBM ツールボックスミーティングのこと。安全意識向上のための活動。工具箱に座って実施するミーティングであることから、TBMという。
KYT 危険予知トレーニングのこと。安全意識向上のための活動。
CMIP Common Management Information Protocolの略。OSIのネットワーク管理プロトコル。
MIB Management Information Baseの略。ルータ、アクセスサーバ、ホスト等、ネットワーク機器の各種情報や状態を定義したデータベース。
ping 接続確認に用いるネットワーク管理コマンド。
tracert ホストまでの経路調査に用いるネットワーク管理コマンド。
pathping 経路上の遅延、損失などを表示するネットワーク管理コマンド。
netstat TCP/IPの統計情報を扱うネットワーク管理コマンド。
nslookup ドメイン名とIPアドレスを確認するためのネットワーク管理コマンド。
nbstat NetBIOSに用いるネットワーク管理コマンド。
ipconfig LANアダプタのTCP/IPに用いるネットワーク管理コマンド。
arp MACアドレス、IPアドレス相互変換のためのネットワーク管理コマンド。
telnet リモートサーバを遠隔操作するネットワーク管理コマンド。


今回は、以上です。これで『端末設備の接続のための技術及び理論』分野の用語まとめは終わりです☆お疲れ様でした。^^

次回は『端末設備の接続のための技術及び理論』分野のまとめとして、試験の頻出問題を書いていきたいと思います。これができれば10点はアップすること確実!?です。

引き続き、工担試験のまとめはマイペースに続けていきますので、末永くお付き合いくださいm(_ _)m

今回も最後までお付き合いくださった方、どうもありがとうございました。


<参考>
・工事担任者過去問・回答(日本データ通信協会HP)
・工事担任者合格への道:工事担任者資格取得を目指す人のためのホームページです。
◆工担(AI・DD総合)用語まとめのリンク◆
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その①~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その②~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その③~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その④~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その⑤~
・工担(AI・DD総合)用語まとめ~その⑥~

(2011年12月18日)




category: 資格対策(工担)

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。