駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【本まとめ】先制型プロジェクト・マネジメント(著;長尾清一)のプロローグをまとめてみる。  

プロジェクトマネジメントの標準を学ぶための良書です。(先輩PMに推薦いただき手に取りました。)

今回のエントリでは、本書の中でもプロジェクト・マネジメントの全体的な概論について、(主観的ですが)ポイントだなーと思った箇所をまとめていきます。

”プロジェクト・マネジメントでは、ダイナミズムに対し先手を打つ”
・プロジェクトの不確実性、変動要因を見極め、変化を予見し、プロジェクトが「どうしたら失敗しないか」を考え、柔軟に行動する。


”「今どこにいるのか?」を継続的に問い続ける。”
・プランと現況との乖離はどの程度か、乖離の原因は何か、新たに予測できるリスクは何か、どのように対応策を具現化するか、ということをプロジェクトの進行期間中継続的に問い続ける。
・小さな乖離にとらわれて最終目標を見失わないようにする。

#乖離を埋めるプロジェクトの軌道修正には、利害対立の解消、チームの動機付け、社内政治スキル、交渉力など、プランには反映されない現場レベルでの問題解決力を発揮する必要がある。
#既存知識の適用が妥当か、欠落情報はないか、情報分析が正しいか、プロジェクトに関する知識や情報について内省検証することが重要。


”企画, プランニング, 実施・コントロール, 終結のフェーズ”
・プロジェクトが各フェーズを進む過程で、事業戦略を軸として、営業活動、財務分析、成果物作成の実質作業、それを支える事務作業などとの連携によりプロジェクトマネジメントを実施する。

PPM_fig002


<企画フェーズ>
・プランの実効性を高めるために、プラン策定前に、「プロジェクトの定義付け」のプロセスで、プロジェクト情報を整理する必要がある。
→プロジェクトの目的、目標からはじめて、成果物(中間成果物)、リスク、前提、実施上の制約、調査すべき項目などを特定する。
→プロジェクト定義付けシートを活用し、「わかっている箇所」と「わかっていない箇所」に切り分け、わかっている箇所を「事実」と「仮定」に、わかっていない箇所を「調査できる箇所」と「想定(仮定)できる箇所」、「そうでない箇所」に切り分ける。

PPM_fig001


<プランニングフェーズ>
・プロジェクト・プランは、WBS、リソース・プラン、見積り、スケジュール、リスク管理プランの各下部プランで構成される。

プロセス 内容
WBS 目的を持ったプロジェクト業務を完遂するために必要な個々の成果物、作業スコープの詳細を割り出し、ツリー構造化するプロセス。
リソース・プラン WBS構築で割り出された各作業を完了するために必要なリソースを特定するプロセス。
見積り 概要見積もりと詳細見積もりを検討するプロセス。
- 概要見積もりでは、類似プロジェクトのコスト構成比や傾向を考慮して概算する。
- 詳細見積もりでは、WBSの各作業の所要期間を見積もり、リソースの質、量、生産性、単価を考慮して各作業のコストを算出する。
スケジュール WBSで構造化された作業の特製と依存関係を考慮して作業順位をつけ、ガンチチャートやネットワークダイアグラムで表記するプロセス。
リスク管理 プロジェクトのライフサイクルの全行程で、継続的にリスクを洗い出すプロセス。重大リスクを絞り込み、重大リスクに対処するプランを策定し、リスク発生時に対処プランを実行するというサイクルを繰り返していく。
 

<実施・コントロールフェーズ>
・進捗報告とレビューは、現場から正直かつタイムリーな情報を収集するプロセス。情報をいち早く捉えるための報告体制を整備する。
・スコープの変更は、スコープ管理で捉える。
→成果物に対する顧客の期待が変化するにつれて、仕様に対する要求が変化する。
→変化に伴うプロジェクト当事者間の論争を最小限にするために、積極的に変更をさばいていくのがスコープ管理である。


ということで、今回は以上です。

今回は概論でしたが、個々のフェーズの詳細はまた改めてまとめていきたいと思います。


スポンサーサイト

category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

【本まとめ】「小論文トレーニング(樋口裕一 著)」のポイントまとめ。  

「説得力のある主張」、「鋭い意見」を出すアプローチのヒントが小論文にあるのではないかと思い、本書を手に取りました。

本書のなかに「小論文とはある命題を立て、それに対してイエスかノーかを答えるもの」とありますが、命題の選定や、イエス・ノーを導く構成、アイデアの発想方法については、小論文以外にも活用できるはずです。

ということで、今回は、本書の中で特に勉強になったたなーと思う4つのポイントについて、以下まとめます。


1)命題とは・・・

命題というのは、いろいろ書くことがある中で、論点を一つに定める役割を果たすもの。命題は、以下の三原則に従い選定する。

<命題の三原則>
・普遍性、社会性を備えている
・イエス・ノー両方の立場から論じられる
・自分の知識力の範囲で答えられる


2)対立軸を意識する・・・

現実を動かしている思想や理念、社会的構造に鋭く迫ってこそ「いい小論文」といえる。主張の根底には、「対立軸」があることを意識し、対立軸が何かを意識しながら考察する。

「時事・一般常識」(個々のイモ)=>「因果・背景知識」(イモを繋げるツル)=>「対立軸の知識」(ツルの先にある双子イモ)


3)小論文の構成・・・

小論文は、理詰めで相手を説得するもの。「理詰め」とは、言い換えると「感情で判断しない」ということ。
説得力のある主張のポイントは、「論点を一つに絞って深めること」「反対意見を想定すること」

<四部構成法>
    
問題提起「・・・だろうか」
意見提示「たしかに・・・。しかし・・・」
展開「なぜなら、・・・」「そもそもXXとは、・・・」「その背景には、・・・」
結論「以上より、・・・」「したがって、・・・」

要約の練習をするときは、まず課題文の構成メモを作成してから考えると、すっきりまとまる。基本的には、「問題提起」を省き、「意見提示」の「しかし・・・」からあとの「骨格」を使って要約文を組み立てていけば良い。
展開部では「根拠・対策」を書く。説得力のある展開部を書くには、文と文との関係を明確に意識することが大切。


4)アイデアの発想・・・

「いい小論文」を書くには、なにより「反論力」が必要。そもそも、何かを発言したり書いたりするのは、「何ものかにノーを言うこと」と理解する。(主張を理解するには、「何にノーを言っているのか?」と考える)
「いじめ」がテーマなら、まず「いじめ」とは何かという定義を示し、考察の対象を限定する。さらに、「いじめ」の現状(現象)を報告し、なぜ、いじめが起こるのか(原因・社会的背景)、いつから「いじめ」が社会的問題となったか(歴史的経緯)、外国ではどうか(地理的状況)、「いじめ」が社会におよぼす影響(結果)などと考察を進めていく。
いいアイデアが浮かばないときは、自分を一旦捨てて「別の人物になりきって考える」という方法をとると良い。

ということで、今回は簡単ですが以上です。


category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。