駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

【本まとめ】「小論文トレーニング(樋口裕一 著)」のポイントまとめ。  

「説得力のある主張」、「鋭い意見」を出すアプローチのヒントが小論文にあるのではないかと思い、本書を手に取りました。

本書のなかに「小論文とはある命題を立て、それに対してイエスかノーかを答えるもの」とありますが、命題の選定や、イエス・ノーを導く構成、アイデアの発想方法については、小論文以外にも活用できるはずです。

ということで、今回は、本書の中で特に勉強になったたなーと思う4つのポイントについて、以下まとめます。


1)命題とは・・・

命題というのは、いろいろ書くことがある中で、論点を一つに定める役割を果たすもの。命題は、以下の三原則に従い選定する。

<命題の三原則>
・普遍性、社会性を備えている
・イエス・ノー両方の立場から論じられる
・自分の知識力の範囲で答えられる


2)対立軸を意識する・・・

現実を動かしている思想や理念、社会的構造に鋭く迫ってこそ「いい小論文」といえる。主張の根底には、「対立軸」があることを意識し、対立軸が何かを意識しながら考察する。

「時事・一般常識」(個々のイモ)=>「因果・背景知識」(イモを繋げるツル)=>「対立軸の知識」(ツルの先にある双子イモ)


3)小論文の構成・・・

小論文は、理詰めで相手を説得するもの。「理詰め」とは、言い換えると「感情で判断しない」ということ。
説得力のある主張のポイントは、「論点を一つに絞って深めること」「反対意見を想定すること」

<四部構成法>
    
問題提起「・・・だろうか」
意見提示「たしかに・・・。しかし・・・」
展開「なぜなら、・・・」「そもそもXXとは、・・・」「その背景には、・・・」
結論「以上より、・・・」「したがって、・・・」

要約の練習をするときは、まず課題文の構成メモを作成してから考えると、すっきりまとまる。基本的には、「問題提起」を省き、「意見提示」の「しかし・・・」からあとの「骨格」を使って要約文を組み立てていけば良い。
展開部では「根拠・対策」を書く。説得力のある展開部を書くには、文と文との関係を明確に意識することが大切。


4)アイデアの発想・・・

「いい小論文」を書くには、なにより「反論力」が必要。そもそも、何かを発言したり書いたりするのは、「何ものかにノーを言うこと」と理解する。(主張を理解するには、「何にノーを言っているのか?」と考える)
「いじめ」がテーマなら、まず「いじめ」とは何かという定義を示し、考察の対象を限定する。さらに、「いじめ」の現状(現象)を報告し、なぜ、いじめが起こるのか(原因・社会的背景)、いつから「いじめ」が社会的問題となったか(歴史的経緯)、外国ではどうか(地理的状況)、「いじめ」が社会におよぼす影響(結果)などと考察を進めていく。
いいアイデアが浮かばないときは、自分を一旦捨てて「別の人物になりきって考える」という方法をとると良い。

ということで、今回は簡単ですが以上です。


スポンサーサイト

category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0

【本まとめ】禅ーシンプル発想術(枡野俊明 著)のポイントまとめ10個  

今回のテーマは、スティーブ・ジョブズも学んだ、禅。

「禅ーシンプル発想術」の中から、勉強になった10個のポイントをピックアップし、備忘録としてまとめます。

1)ただ、楽しいからつくる。
子供達は、うまくつくりたいとか、誰かに褒めてもらいたいとか考えながらつくっているのではない。ただひたすら、楽しいからつくってる。何かを生み出すということは、もともとこういうこと。

2)少水常流如穿石(しょうすい つねにながれて いしをうがつがごとし)
同じようにコツコツと努力を続けることが大事。地道に続けてこそ、チャンスが来たときにその縁が結ばれる。チャンスをつかむことを、仏教では「因縁を結ぶ」という。因縁の「因」は、原因の因。常日頃から努力をしていると、縁(チャンス)が訪れたときに、原因と縁が一つになって因縁が結ばれる。

3)三世に生きる
三世とは、過去、現在、未来のこと。私たちが生きるのは、常に一瞬一瞬であり、過ぎ去った瞬間は、二度と戻ってこない。過去にどのような栄光があっても、過去は過去。何か失敗をしていても、やはり過去は過去。逆に未来は、どのようにも生まれる可能性がある。現在から未来が生まれて、現在は過去となって死んでいく。
やる気がない、今日は気分が乗らないと愚痴をこぼせるのは、明日が確実にやってくるという余裕があるから。

4)本来無一物
禅の六祖、慧能禅師の残した禅語。人間は本来、何も持っていないという意味。生まれてくるときは、地位も名誉も、お金もない。またそれらに対する執着もない。また、人間、亡くなるときにも何も持っていけない。「来るも一人、去るも一人、一人とて従う者なし」

5)一日不作一日不食(いちにちなさざれば いちにちくらわず)
「働かざる者食うべからず」という意味で捉える人もいるが、本来は、「自らが為すべきことを行わなければ、その分、食事をしない」という意味。

6)日日是好日(にちにち これこうにち)
人生には、良き日、悪しき日がある。しかし、それらを比べず、その日にしか得られない価値を見つけることが大事。

7)水広則魚遊(みずひろければ すなわちうおあそぶ)
狭いところに入れられていた魚も、大海に放たれれば自由に泳ぎまわることができる。人間の心も同様。魚は水が合わなければ育たない。人間の成長も同じであり、人は皆、違った才能や能力を持っている。どう教えるかより、何にチャレンジさせるかが人の成長に大きな影響を与える。

8)不退転(ふたいてん)
くじけないこと、怠らずに行うこと、そして固く信じて屈しないことを意味する。

9)生死事大 無常迅速(しょうじじだい むじょうじんそく)
人生において重要なのは、結果を格好よく出すことではなく、いまこの一瞬にどれだけ全力を注げるか。時は人を待たず、瞬く間に過ぎ去っていくもの。人の一生は限られた時間しか与えられていないため、一時たりとも無駄にすることなく、大事に過ごさなければならない。

10)知足(ちそく)
足ること、満足することを知る人は、不平不満がない。だから心穏やかに暮らすことができる。

最後に、感謝の気持ちで一日を締めくくること。
ご先祖様に「今日はこういうご縁がありました。どうもありがとうございます。明日もまた、無事に過ごせますように」と感謝し、自分の一日の行いを反省することが大切です。

ということで、簡単ですが今回は以上です。


category: ビジネス・IT本

tb: 0   cm: 0