駆け出しエンジニアの気ままにブログ

このブログでは、駆け出しエンジニアの私が興味をもったトピックについて不定期に発信しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「プロダクトデザイン」の基本についてまとめてみる。  

desingimage

今回は、仕事の中で少し触れることになった「プロダクトデザイン」についてまとめていきます。

商品の企画開発を進めていく上で、「デザイン」は非常に大事な要素です。

そもそも「プロダクトデザイン」ってなに?世の中のデザインはどうやって決まっていくの?
といった基本的な疑問に答えてくれる、東京都中小企業振興公社がまとめた「デザイン活用ガイド」というものがあります。

以下、そのガイドの中で勉強した内容です。

プロダクトデザインの定義
プロダクトデザインとは、商品コンセプトを明確にして、工業製品をあるべき姿にすること
(引用:デザイン活用ガイド)
プロダクトデザインとは、人間生活に求められるものを、使用者と使用環境の視点から、構想し、産業という手段として具体化する活動
(引用:プロダクトデザイン)
プロダクトデザインは、製品のデザインのこと。しばしばインダストリアルデザイン(工業デザイン)と混同されるが、プロダクトという言葉自体が工業生産物や製品のみならず、広義においては製作物(ある計画によって生み出された成果)全体を意味する概念語のため、本質としては包括的な言葉である。
(引用:Wikipedia)
ーーーーー
【参考】デザインとは
狭義のデザイン:狭義には、設計を行う際の形態、特に図案や模様を計画、レイアウトすることで、芸術、美術的な意味を含んでいる。
広義のデザイン:デザインは日本語では「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。 人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。 (引用:Wikipedia)

ということで、3つほど定義をあげましたが、ポイントは、
・コンセプトを考える
・形をつくる
という、2点かと思います。

プロダクトデザイナーの仕事
デザイナーは、商品開発のプロセスの中で企画に沿ってデザイン案を考え、具体化するための設計を行い、試作します。
具体的なデザイナーの仕事には、以下のようなものがあげられます。
・デザインの視点から商品企画
・ラフスケッチ
・レンダリング
・モックアップ
・デザイン仕様書
・使い勝手のチェック
・パッケージ、カタログなどのデザイン
・知財の確認

プロダクトデザイナーの選び方
デザイナーを探す手がかりとしては、デザイナー年鑑、イベントなどがあげられます。
また、デザイナーを選ぶ手がかりとしては、以下のポイントがあげられます。
・会社の業務内容/理念
・デザイナーの得意分野
・事務所の規模
・経験、実績

デザインに関わる知財について
デザインに関わる主な法律には、次のものがあります。
・特許法:高度な「発明」を保護する。
・実用新案法:工夫のある「考案」を保護する。
・意匠法:新規なデザインの製作を保護する。
・商標法:商品やサービスの名称、ロゴタイプ、マークなどを保護する。
・不正競争防止法:コピー商品や紛らわしいデザインなど、事業者間における不正競争を防ぐ法律。
・著作権法:思想または感情を創作的に表現した作品と、その創作者を保護する。

その他ポイント
・デザイン料を設定する際には、経費に何を含むかという確認も必要。試作費や出張費なども含むのか、別に支払うのかなど。
・キャラクターは著作物とされ、製品パッケージから一部を取り出して使うことはできない。
・支払ったデザイン料ですべての案を買い取るのか、デザイン料はあくまで採用案への対価なのか、事前にデザイナーとの確認が必要。(不採用案の転用等でもめることがないように。)
・発明内容を他者に知られず、なおかつ、保護期間に制限を加えられたくない場合は「営業秘密」としてその発明を守る方法がある。

ということで、今回は以上です。

(2015年10月25日)






スポンサーサイト

category: 商品開発

tb: 0   cm: 0

取扱説明書をつくるときのポイントについてまとめてみる。(その4)  

「取扱説明書」についてのブログその4です。

取扱説明書の作成時に注意すべき事項、チェックリストについてまとめていきたいと思います。


1)取扱説明書を制作する際に考慮すべき内容

<重要安全情報>
取扱説明書適正委員会による危険性の定義
ANSIによる危険性の定義

<全体の構成>
重要安全情報を記載する
読む人に必要な情報だけを記載する
目的に沿った順序で説明する
取扱説明書の役割をまえがきで説明する
製品の名称や型式を表紙に記載する

<操作説明>
操作の目的を表す見出しをつける
手順の序数を7プラマイ2以内にする
手順は箇条書きにする
事前の説明は取り扱いの前に記載する
操作と動作を区別する
参照指示を適切に行う

<文章>
短い文で書く
一文一意にする
肯定文で書く

<用語>
わかる言葉で書く
過度の修飾語を使わない
用語を統一する
一語一意で書く
差別用語を使わない

<レイアウト>
目線の流れを考える
ホワイトスペースを有効に使う
文字と絵はバランスよく配置する
図の大きさを揃える
正しい絵を入れる


2)取扱説明書を制作する際のざっくりチェックリスト

項目 確認事項
表紙 製品名、型番(バージョン)、製造年月日、メーカー名
表紙裏 各種公的規格への適合(JIS, CE, VCCI, 漏洩電流自主規格など)
登録商標名と商標権を持っている会社
重要安全情報 記載した指示に従うことの要請
製品の危険(可動部、高熱部、高電圧部の警告、健康に関する注意)
警告の定義(アラートシンボル、シグナルワード、その他マークの定義)
警告表示 危険の大きさ、種類、想定される被害、回避方法
製品の概要 製品の機能、特徴、仕様、名称
認証取得(CEマーク、JISマークなど)マーク
画面構成・フローの説明
設置条件など 設置前の準備(必要な道具、手順など)、環境・場所の制限
供給電源・配線などへの指示
設置、組み立て、固定方法
他機器との接続について
使用前の準備 使用前の確認(動作説明)、異常状態、各部名称、機能、構造
異常時の対処方法(緊急停止ボタンなど)
開梱・梱包・移送 開梱/梱包するときの指示
包装箱と包装材を保管/廃棄についての説明
付属品の説明
移送するときの指示(持ち方、振動・衝撃などの条件)
使い方 定格連続使用時間、負荷などの条件
不使用時・不在時の処置
停電・地震など天災発生時の安全確保
点検 点検が必要な項目、頻度、方法
故障の兆候の見分け方
定期交換部品の交換時期、交換方法
経年劣化についての説明(部品名、交換の目安)
保管 保管方法、保管時の注意事項
廃棄 素材の分別の方法、廃棄方法
トラブルシュート 故障・誤操作の復帰・復旧方法
五感で感じる正常と異常の違いの説明
 
ということで今回は以上です。

取扱説明書の世界はまだまだ奥が深いですが、今回で一区切りし、次回以降は別のテーマについて書いていきたいと思います。


(2015年9月19日)





category: 商品開発

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。